よかせっけん

よかせっけんのジャータイプとチューブタイプの違いってどこ?

ジャータイプとチューブタイプ2つのタイプのつかってみんしゃい よかせっけんがあります。

 

ジャータイプ

ジャータイプは専用の入れ物に入っています。
最後まで使い切ることが出来るので無駄がないのです。中にどれだけの残っているのかわかるというのもよい点でもあります。
チューブタイプ


チューブタイプは、どこにでも持って歩け、使用することの出来るチューブに入っています。濡れた場所でも使用することが出来ますし、携帯するにもコンパクトです。旅行先でも使用でき、安心です。
チューブは、手のひらなどに出した量が目で見てわかるので使いすぎ防止にもなります。

 

よかせっけん 2つのタイプのデメリットは!?

ジャータイプ ジャータイプは、濡れた場所に置けないことがデメリットです。
チューブタイプ チューブタイプの場合は、最後まで全部きれいに使い切ろうとすると容器を切り取って使わなければいけません。

 

 
どちらも成分には変わりはありません。オススメは、自分がどのような状態で使用するのかによって使い分けをすることです。

洗顔の時、洗顔料の量を増やして洗顔をしたからといって、顔の汚れが余計に落ちる訳ではありません。適した量で、きちんとした洗顔をすれば余分な洗顔料を使わなくても顔を綺麗にし続けることはできます。途中で別のものに浮気したこともありますが、”つかってみんしゃいよかせっけん”がダントツです。 驚くほど泡立ちが良く、生クリームなんてものじゃありません。濃厚でもっちりした泡なので、洗顔していてものすごく気持ちがいいです。くすみ黒ずみもきれいにしてくれます。 よか石けんを、妹に試しに使わせたら、感動して今は毎日使っています。 久しぶりに友人と会ったとき、「すっぴんなのになんで肌にむらがないんだろう?」と思ったそうです。 よかせっけんの話をしたら、即購入。 今では友人もはまってしまい、もっと早く使いたかったと言っています。 私は季節によって、過剰な敏感肌になるのですが、よかせっけんを使っていて今のところ問題はありません。 逆に、素肌に自信が持ててます。 ベビーパウダーをはたいて眉を描くぐらいでへっちゃらです。

 

 

つかってみんしゃいよかせっけんは、ジャータイプとチューブタイプ、どちらでも使い心地に変わりはありません。洗顔料で毛穴の汚れまでしっかり取ってくれる洗顔です。正しい使い方をして綺麗なお肌に維持し続けるようにしましょう

よかせっけん


商品説明
『よかせっけん』のこってりとした泡は、雪のように白い火山灰の原石を特殊加工して、さらさらのパウダー状にした火山灰シラスから生まれました
商品価格
1,890円(80g)